投稿日:

光目覚まし時計のスヌーズ機能使ってますか?

仕事をしている方、学業に専念されてる方と色んな方が居ると思いますがその傍らそんな生活を影で支えているのが目覚まし時計です。

目覚まし時計が無ければ決まった時間に起きることが出来ずに生活が成立しない可能性すらあります。

そんな目覚まし時計ですが皆さんはどの様な目覚まし時計を使っていますか?

掛け時計型、据え置き型、今ではスマートフォンアプリでの目覚まし時計など本当に多種多様だと思います。

中には朝起きるのが苦手な方向けの光目覚まし時計「inti square」なんてのもあって面白いと思います。

ではここで私のオススメの目覚まし時計のセット方法を紹介したいと思います。

そもそも普通に起きる時間に目覚まし時計をセットして起きれる方なら問題ないのですが、それだけでは起きれないという方も中にはいると思います。

そして私もそんな中の1人です。

私の目覚まし時計方とは「スヌーズ使用法」です。

スヌーズ機能。誰もが1度は耳にしたことがあるのではないのでしょうか?

スヌーズ機能とは二度寝防止作の一つです。

鳴り始めた目覚まし時計を1度止めても一定時間経過するとまた鳴り始めるというものです。

便利な物ですとスヌーズの回数や一定時間の間隔も設定できます。

なので使い方によっては止めても止めても一時間鳴りっぱなしというセットも出来るのです。

実際私の使い方がその方法で、毎朝起きる時間の一時間前から何度も鳴るようにスヌーズをセットしています。

スヌーズ機能。うまく使えば寝坊防止に物凄い威力を発揮してくれます。

よかったら試してみてください。

投稿日:

セイコークロックという電波時計のレビューをしてみます

朝、起きるのが苦手な私は、昔から目覚まし時計の音で目を覚まします。この何年か使っているものは、とてもお気に入りです。

セイコークロックというものです。電波時計と電池を並行しているので、時間に正確で、また、温度、湿度もわかって、日付もわかるので、とても重宝しています。

風邪をひきやすい私は、部屋の温度湿度もとても重要です。また、文字が大きくて見やすいところもいいです。

極力、1つの時計でいろいろな機能が付いているものが、いいなぁって思っていたので、これを見つけたときには、感動しました。

もちろん、目覚まし時計としても完璧です。

アラームの音も、耳障りではなく、音量も調節できるのがいいです。しかし、音を完全に止めるところが、小さくて難しいのが難点ですが、そのおかげで、目覚めやすいっていうこともありますが。

私は、アラームが鳴って10分くらい、布団の中で少しでもゆっくりしていたいので、本当の起きなくてはいけない時間より、10分前にセットしておきます。

この時計の最大の良いところは、2,000円くらいで購入できるところです。昔に比べて、値段も安くなり、機能も充実し、デザインもシンプルで、部屋に溶け込みやすい感じのものが多く出回っているので、とてもうれしいです。

投稿日:

普段使いと旅行用の目覚まし時計を使用しています

現在私が使用している目覚まし時計は二つともホームセンターで購入したとても安価な小型の旅行用なのですが、実に重宝しています。単3の乾電池、それもテレビ等のリモコンの弱った物を使用していますが、とても良く働いてくれているのです。安物でもクオーツ式なので、チッチッと快い刻を刻む音が寝静まった部屋で聞こえてくると、不思議なことにとてもリラックス出来て、心地良い眠りに陥ることが出来ます。私の一家は現実の収入に比してはよく行動する方なので、各地に旅に出ることも珍しくありません。最近はフェリーを使った旅がとても多いのですが、狭い寝台の中で心強い味方となってくれています。フェリーでの船旅は早朝に目的地に到着することが殆どなので、早い時間に目覚ましの音が響いても特に問題は無いのです。用心のため、携帯電話の目覚ましも併用していますが、これらが起動する以前に目覚めていることが常で、他人様に迷惑をおかけしたことは幸いなことに一度もありません。ホテルでのモーニングコールもそれだけに頼ることはせず、必ず旅行にはこの目覚ましを同行するようにしています。

用心のため、旅行の際には必ず新品を奮発することによって、時間厳守の考え方を引きしめる事にも役立っていると自覚できるのが嬉しいですね。ですがその目覚ましにもいくつかのほろ苦い思い出もあります。そう、現在とは違って手巻きが主流だった時代。どうしても時計の内部が見たくて勢いにまかせて分解して、結果は解体となってしまったことと、どうしても早起きする必要に迫られて巻き上げられるだけ巻き上げた結果、時計を壊してしまったことがありました。両方とも親から凄く怒られましたが、それから時間を大切に守る習慣が生まれた気がしてくるのです。良い教訓となったことは確かですが。なかなか行けない海外旅行のパンフレットが旅行会社から届く度に端から端まで目を配りますが、旅行用品の欄に家の物と同じ時計が掲載されているのを見つけた時、値段が数倍していることにも驚かされました。同時に私の選択が正しかったことが証明されて、嬉しくもありました。節約を常にしていることが誇らしかったです。

投稿日:

スマホのアラームでも意外と起きれますよ

仕事柄、早朝に起きなければならないことがあります。朝の4時起きなんてこともあります。そんな理由で目覚まし時計にはお世話になりっぱなしです。色々な目覚まし時計を試しました。なかでも、面白かったのはアラームを止めようとして時計に触れると、逃げ出すという目覚まし時計です。もちろん、ストップボタンを一発で押せれば問題は無いのですが、暗闇ではそうはいきません。逃げ出す目覚まし時計は一回のアラームでは起きない人用です。移動した目覚ましを止めるためには起き上がららなければいけません。自然と目が覚める仕組みです。現在は、普通の目覚ましを使っていますが、スマートフォンの目覚まし時計機能も併用しています。ひとつでは信じられないのです。

時計を信じられないというよりは、自分自身が信じられないのかもしれません。時刻セットの間違いは何回も経験しています。それでも、ピン!と起きられるのは妻のせいかもしれません。目覚ましのアラームが鳴り続ければ、妻も起こしてしまいます。妻とはいえ、仕事とはいえ、そんな時間に起こされてはたまらないようです。機嫌が悪くなります。その怒りを買わないためにピン!と起きます。もしかしたら、一番の目覚まし時計は妻かもしれません。

投稿日:

二重がけの目覚まし時計で絶対起きれる

私は目覚まし時計を2つ用意しております。私は自分で起きる必要があり、誰も起こしてくれる環境ではありません。そのため、常に目覚まし時計を二つ用意しているのです。例えば一つは6時に設定した場合、もう一つは6時15分に設定するようにしております。そうでなければ起きれないことがあるためです。私は普段から二度ねするタイプなのですが、以前も一つの目覚まし時計で失敗したことがあります。一つしかないためいったん止めてしまうとその時点で目覚まし時計としての機能がなくなるため、私は寝続けてしまうのです。

もちろん、一回で起きることもあるのですが、二度寝することが大半なため一つの目覚まし時計だけでは非常に危険な状態に陥るのです。そして一旦遅刻すると分かると、その日会社を休みたくなり、結果年休を取るのです。もちろん重要な会議がある場合もあるのですが、それでもテンションが下がってしまい、その日は休むようになっております。私はそういった日が数回あったため、目覚まし時計を二つ用意することとしたのです。これにより、よっぽどのことがない限り寝過ごすことはなくなりました。これが私なりに寝過ごし対策なのです。今後も二つの目覚まし時計で起きる習慣は続きます。

投稿日:

付録のキャラクター時計を今でも使っています

皆さんは、普段朝起きるときに目覚まし時計って使いますか?

私は、昔学生だった頃は学校に遅刻するのが嫌だったので「ピピピピ!」と騒々しく音が鳴るタイプのものを愛用していました。  

しかし、自慢ではないですが私は目覚ましがなくても、起きる時間になればパッと自然に目が覚める体質なので、現在はもう使っていません。でも万が一起きられなかったときのために、スマホのアラームはセットしてあります。

問題は我が家の今年小学校に入学したばかりの息子です。

息子はなぜか3歳くらいから時計が大好きでした。4歳の時のクリスマスプレゼントなんて、おもちゃではなくからくり時計をサンタさんにお願いするほど部類の時計好きです。

そんな息子が、小学生になったから目覚まし時計を買ってくれと言うので、まぁ早起きの習慣をつけるためにも買ってあげようじゃないかということになりました。

それはドラえもんが「あさだよ!おきておきてー!」とおなじみのダミ声で起こしてくれる時計です。正確に言うと、この時計は小学1年生の雑誌についていた付録です。

それを毎朝6時にセットして枕元において眠る息子。これで朝も自分一人で起きられるだろうと思いきや、それはとんだ誤算でした。

目覚ましはきちんと正確に鳴るんです。でも、バッと起き上がり目覚ましを止めて、息子はまた布団にもぐり込みまさかの2度寝…。結局6時半過ぎにモソモソと起きてきます。

これって目覚ましの意味があるのか?と毎日主人と笑いながら見ています。

まぁ、学校には遅刻していないし、目覚まし時計も一応役に立っているので、ヨシとします。

投稿日:

低血圧だと朝起きれても目が覚めない

ひと言で行って「なんだか危ない感じ」です。起きなきゃ~と思うのですが、頭に血液がきちんときていない感じで起きられないのです。そこで飛び起きて、めまいを起こしたことが何度もあります。どうにか起きたとしてもふらつきそうですし、急に話しかけられても内容が理解出来ないこともあります。また、吐き気がすることもあります。食べ過ぎや胃もたれの吐き気とは違うんです。気持ち悪くて何も食べたくない感じですね。頭がすっきりしていないので、胃腸も受け付けません。こんな感じなので、朝から入れていたアルバイトをキャンセルするしかないこともありました。だから、起きやすくなる..ということは無いだろうと思っています。

私自身はこういう症状を病気とは思いませんが、起立性調節障害と言うことになっています。起きた際のスイッチがかかりにくいタイプということです。また、私の母も以前は低血圧だったらしいので、体質として引き継いだ部分もあると思います。

元気な人に比べるとかなり損な体質ですが仕方がありません。対策としては、無理をしないことと、良く寝ること。時間が許せば10時間くらい寝た方がすっきりする日もあります。でも、調子が良い日はなるべく歩くこと…などを心掛けています。